ようこそ! 「オーガニックコスメでキレイになろう」へ
ポータルトップ >  ホーム >  オーガニックに使われている成分  > 紫外線対策に使っているアイテムの危険性


紫外線対策に使っているアイテムの危険性

紫外線対策をしているつもりでも、逆にお肌に負担をかけてるかも最近は美白ブームと言う事もあって、紫外線対策に余念がない方も多いと思います。

私も季節に関係なく、日焼け止めを使って紫外線をしていますが、実はこんな話があるんです。


日焼け止めなどに使われている合成の紫外線吸収剤が、お肌に負担をかけているんです。

紫外線対策の為に、SPFの数値が高いUVクリームを使っている方もいらっしゃると思いますが、SPFの数値が高いほど、お肌に負担をかけているんです。

よくよく考えてみればわかりますよね?

紫外線をカットするために、それだけ紫外線吸収剤の配合量を高くしているんですから...


なので、日焼け止めを使う時はSPFの数値が低いものをこまめに塗る、というのが最近常識化してきているんです。

美容関係に詳しい方は、特にこの事を進めていますよね。

私もこの事を知ってから、SPFの数値が低いUVクリームを使っています。

因みに紫外線吸収剤を長く使っていると、その成分が皮膚に浸透してしまい、シミやくすみの原因になってしまします。

SPFの数値の低いものにするか、オーガニックコスメのUVカット商品に切り替えてあげましょう。

折角お肌の為にUVクリームを使っているのに、逆にお肌を傷め、負担をかけてしまっていては意味がありませんよね?