ようこそ! 「オーガニックコスメでキレイになろう」へ
ポータルトップ >  ホーム >  オーガニックに使われている成分  > ヘチマやバラがよく使われているのは何で?


ヘチマやバラがよく使われているのは何で?

バラやヘチマが多いのはなんで?オーガニックコスメを探していると、海外製の物ではバラ、日本製の物ではヘチマがよく使われいてる事に気が付くと思います。

実はこのバラとヘチマには、シミやくすみなどを改善してくれる成分が沢山入っているんです。

バラやヘチマの他にも、甘草やドクダミ、カモマイルやトウキンセンカも、天然成分です。

お肌を整えてくれる成分なので、オーガニックコスメを選ぶ時にはどの成分が使われているのかを確認してみては如何でしょうか。

例えば、バラの香りがするコスメがあるとしますよね?

オーガニックコスメの場合は、実際にバラを使っていてその植物から抽出された香りです。

ですが、オーガニックコスメで無い場合、合成香料の場合があります。

合成香料とは、石油を使って作られた芳香性化学物質の事です。

実はこの芳香性化学物質にもアレルギー性があると言われているんですよ。

なので、コスメなどを購入する時、香りをチェックして購入される方もいらっしゃると思うんですが、香りを確認する前にまずは香料について調べる方が安心です(*^_^*)

ただし、スキンケアコスメの成分には「香料」としか書いてない場合が多いです。

天然のものなのか、合成の物なのかが分かりにくいのですが、逆に言えば香料としか書いていない物は危険だと思って良いと思います。