ようこそ! 「自分でまつげエクステを付ける方法」へ
ポータルトップ >  ホーム >  こんなことは出来るの?  > まつ毛パーマが残っている状態ではどうしてエクステが出来ないの?


まつ毛パーマが残っている状態ではどうしてエクステが出来ないの?

髪の毛と一緒で、まつ毛も少なからず痛みが出てきますこれは、サロンによって違いがあるんですけど、まつ毛にまつ毛パーマをしていると、エクステを付けてもらえない場合があります。

サロンの中には、まつ毛パーマをしてまつ毛の向きを整えてからエクステを付ける、と言う方法を取っている所もありますが、パーマが残っているとエクステを付けてもらえないのはどうしてなのでしょうか?

確かにまつ毛パーマでまつ毛の向きを揃えた方が、エクステは付けやすいのかもしれないんですけど、髪の毛と一緒でまつ毛も生え換わりがあります。

まつ毛が伸びてくれば、その伸びた部分にはパーマがかかっていないので、伸びてくれば来るほどエクステの向きが変わってきてしまう事があります。

エクステを付ける時はアイリストの方がまつ毛の生え方を見て、ベストな方向でエクステを付けていきます。

パーマがかかっている状態でエクステを付けないサロンですが、大体パーマが取れて、痛んでいないまつ毛が生えてくるまでの期間として3~4か月期間を開けて欲しいという所もあります。

髪の毛にパーマをかけるのと一緒で、まつ毛もパーマをかければ少なからず痛んでしまいます。

余りにも痛みが激しいまつ毛にはエクステを付ける事が出来ないので、事前のカウンセリングで自分のまつ毛がどんな状態なのか、しっかりと見てもらいましょうね(*^_^*)