ようこそ! 「自宅でできるジェルネイルのやり方ガイド」へ
ポータルトップ >  ホーム >  注意点  > ハードタイプのジェルは、爪に優しくない


ハードタイプのジェルは、爪に優しくない

ハードタイプかソフトタイプか確認をしてジェルネイルと言えば、爪に優しいと言う事で人気があります。

確かにジェルネイルは爪に優しいので、爪が弱い方や爪を傷つけたくない方におススメなんですけど、それは「ソフトジェル」の場合に限るんです。

ジェルネイルには2種類ありますが、ハードタイプのジェルは余り爪に優しくありません。

そのハードタイプのジェルは、爪の長さを出す時に使う事が多いので、爪の長さを出したいけど自爪を傷つけたくない方は、自爪を伸ばしてからソフトジェルでデザインをする方が良いですよ。

さてそのハードタイプですが、まずそのハードタイプのジェルを爪に定着させるために、爪の表面を削らなくてはいけません。
この時点で自爪を傷めてしまいますよね?

さらにプライマー(酸性液)も使用するので、自爪を傷つけてしまいます。

もちろんネイリストの方と相談した上でハードタイプを使用するのは良いのですが、出来るだけ自爪を傷つけたくない、自爪が弱いと言う方は、ソフトがおすすめです。

これと同じ事は、セルフキットでも言えます。

最近は手軽に始められるセルフキットが沢山販売されていますが、ソフトタイプのジェルのキットの場合、安くても10,000円くらいです。

3,000円や4,000円くらいのキットもありますが、殆どの場合でハードタイプのジェルです。

自分でセルフキットを購入する時は、セットに入ってるジェルがハードなのかソフトなのかを確認しておきましょう。