ようこそ! 「ほうれい線のたるみを消す方法」へ
ポータルトップ >  ホーム >  出来る原因  > 紫外線対策をしておかないと、ほうれい線が目立つように


紫外線対策をしておかないと、ほうれい線が目立つように


出来るだけ紫外線をシャットアウト皆さんは「紫外線対策」ってシッカリされていますか?

「バッチリよ♪」と言う方も沢山いらっしゃると思いますが、実はその紫外線がほうれい線に大きく影響を与えていると言う事をご存知でしょうか?

もしかしたらバッチリを紫外線対策をしていたつもりでも、お肌がダメージを受けている可能性もあります。

UVカット商品って、夏場に多く出てくるので、夏にしか日焼け止めや日傘、帽子を使わないと言う方も居ると思いますが、曇りや雨、冬、室内など紫外線対策を忘れがちな時も、紫外線を浴びています。

かと言って、完全に紫外線をシャットアウトする事は難しいですよね。

ただ「今日は曇りだから大丈夫」「冬は紫外線なんてないでしょ?」と考えず、必要以上にお肌がダメージを受けないように、対策をしましょう。

もし紫外線対策を怠ったら、どうなるのでしょうか?

シミは勿論ですが、シワ...あの口元に出来るほうれい線の原因にも繋がります。

手遅れかもと諦めず、今からでもシッカリと紫外線対策をしていきましょう。

因みに日焼け止めですが、SPなどの数値が大きい方がよいと思っていませんか?

それは違います。

20くらいまでの低い数値の日焼け止めをこまめに塗る方が、紫外線対策には有効です。

ほうれい線が目立つ事がないように、一度自分の紫外線対策を見直してみてくださいね。

わたしも使っているほうれい線、専用のケアアイテムの記事はこちら